古都ブハラを彷徨う(濃霧の日)

ラビハウスを起点にして北の方角を彷徨う。

f0361015_15352567.jpg


ソ連の名車ラダはキューバのハバナほどではないが、ここウズでも散見される。

f0361015_15355410.jpg


自転車は珍しい。

f0361015_16412370.jpg


タキは住民の通路としても機能している。

f0361015_15374081.jpg


タキは商店としても活用されている。

f0361015_15382656.jpg


ランドマーク的なカラーン・ミナレット。

f0361015_15485792.jpg


迷って、古い住宅地に踏み入ってしまう。

f0361015_15390113.jpg


露店

f0361015_15392915.jpg


大みそかに着飾る市民たち。

f0361015_15395296.jpg


朝から発生した濃霧は消える兆しがない。

f0361015_15401744.jpg


住民の熱源は天然ガスである。

f0361015_15403076.jpg


子猫

f0361015_16582598.jpg


まもなく年越し。

f0361015_15412792.jpg


多くの若者たちが向かう方向へ一緒に行ってみると、遊園地にたどり着いた。

f0361015_15423116.jpg


大みそかの遊園地は若者と家族連れでにぎわっていた。

f0361015_15425468.jpg


ウズにも綿あめがあった。

f0361015_15475485.jpg


威圧的なパンダのイラストから対中関係を窺い知れるとするのは考えすぎだろう。

f0361015_15431495.jpg


中央アジア最古のイスラム建築とされるイスマイール・サーマーニ廟(建築は900年前後)を右手に見ながら、巨大なバザールを目指す。

f0361015_16173066.jpg


イスマイール・サーマーニ廟を南側から望む。

f0361015_16383230.jpg


年越しはケーキで祝う。
f0361015_15433444.jpg


払い下げの軍用トラックで野菜を搬入した農家の人。

f0361015_15435148.jpg


学校が休みなので親の手伝いをする関心な娘。

f0361015_15441383.jpg


吾輩は、バザール好きで機会があれば各地のバザールは必ず見学をすることにしているが、これだけの規模のバザールはなかなか無い。

f0361015_16485790.jpg


雑多な商品に市民の生活を覗き込んだ気がした。

f0361015_16372684.jpg


箒売りの老女。

f0361015_15444411.jpg


彼らはきっと、コルホーズを体験してきた人たちだろう。

f0361015_15462907.jpg


ウズの衣装はアイヌの民族衣装にも似ているような気がする。

f0361015_15455107.jpg


それにしてもでかいコルホーズバザールだった。

f0361015_15464910.jpg


うち廃れた古城

f0361015_15471349.jpg





[PR]
Commented by ikarashikunosuke at 2017-01-12 22:30
バザールのカラー写真、お店を手伝う娘のカラー写真、見たい。それだけ頼みます。色がほしい。

 越後国いかのあし
Commented by arukutabibito at 2017-01-14 10:24
当日はモノクロで取材しています。
心の目で見つめましょう。
by arukutabibito | 2017-01-11 16:18 | ウズベキスタン | Comments(2)

どこまでもどこまでも歩いて行きたい旅人の話し


by arukutabibito