カテゴリ:未分類( 5 )

今朝の地震報道から

津波は目視できる異常現象のためか各メディアはこぞって特番を放送した。
幸いにも現時点では、津波の被害はなかった。


しかし、これら津波報道と前後して、宮城県と茨城県にある原発の無事を知らせる速報はされるものの、全世界が関心を寄せる福島原発については一向に報道されない。

津波避難警報が発令されたので、福島原発の保安要員も避難したために状況を把握できないのか。
などと憶測がささやかれる中、ついに隠しきれずに東電から発表があった。



震度5弱で停止する冷却装置の脆弱性は驚愕し、東電の技術力に対してあらためて疑義を持った。

もし、6年前の参事が再来したなら。
今冬一番の寒波が押し寄せてきている状況から、風向きは北風が予想される。
そうなると、関東平野は一瞬にして汚染されただろう。



今朝の地震関連のニュースでは、実は以下の事故が最大の関心事となった。


 「22日早朝に福島県沖を震源とする地震の影響で、東京電力福島第二原発(同県富岡町、楢葉町)の使用済み燃料プールの冷却装置が一時停止した。東電が原因を確認している。」(朝日)

 「プールには2544体の燃料が入っているが、停止時の水温は28・7度。運転上の制限値の65度を超えるには7日間の猶予があったという。再開時の水温は29・5度だった。」(朝日)

[PR]
by arukutabibito | 2016-11-22 10:42 | Comments(0)
人生の達人の域に達した吾輩が選ぶシニア世代のクルマを、今後何回かに分けて考えてみたい。

ホンダFREED+

f0361015_19162332.jpg


「スパイク」から「プラス」へと、よりライク英語表示ネームになったホンダの「秘密基地」である。

f0361015_19154179.jpg



シニアにとって昼寝は健康維持増進に欠かせないファクターである。
吾輩も、日々のランチタイムは90分ほどねん出するように努めており、食後の60分を愛犬と共にシェスタに当てている。

f0361015_19152259.jpg


[PR]
by arukutabibito | 2016-11-21 19:21 | Comments(2)
この会社の「待遇」はどうだろう

待遇
通勤費支給(上限50,000円/月額)
賞与あり(年2回)
有給休暇あり(入社6ヵ月以降)
○○航空優待航空券の支給



有給休暇の発生要件のうち「全労働日の8割以上出勤」をあえて要件としないとすれば「高待遇」の会社だ。
しかし、単にその表示を割愛しただけだとしよう。
そうなると、法律上当然に発生する年次有給休暇の時季指定権をあえて「待遇」に加筆しなければならない理由を探りたくなる。

最近は見かけなくなったが、以前はこんな求人広告もあった。
「社会保険完備」
「残業代支給」
[PR]
by arukutabibito | 2016-11-02 09:46 | Comments(0)
ウズベキスタンにはどれをはめていこうか。

大きさ、重さ、暗闇での視認性ではSBBN031。
極めて存在感があるロレックス青サブ16613だが、税関でめんどうだからやっぱり今回も×。

f0361015_16591809.jpg


アテッサATD53-3051は、時差調整が容易、軽量、目立たないなど海外での使用には優れている。
しかし、タイプは全く違うがSBBN031とくらべると"おしゃれ度"が満足できない。
さて、出国まで3か月となったが、新たな迷いという楽しみを発見したしだい。

f0361015_16592591.jpg



[PR]
by arukutabibito | 2016-10-02 17:09 | Comments(0)
列車の予約が欧米のようにwebで機能していないので、現地代理店に依存せざるを得ない面がある。
旅人から絶大な信頼があるタシケントの代理店に連絡を取ると
Please, feel free to contact me if you have any questions.

そこで、ヒバ、ブハラ、サマルカンドのなかであなたのお勧めは?と質問をしてみた。

その回答は以下の通り

All cities which you have mentioned are interesting and beautiful.
If you ask my own opinion, I like Bukhara the most because all sights are located close to each other.


レスポンスも良く、的確に回答をするアドバンスツアーは信頼できると思った。
f0361015_19295078.jpg

[PR]
by arukutabibito | 2016-09-23 19:24 | Comments(0)

どこまでもどこまでも歩いて行きたい旅人の話し


by arukutabibito