<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

10~20年後に人工知能やロボット等で代替可能となる職業100種を、昨年12月に株式会社野村総合研究所が発表したが、あまりこの情報が国民に浸透していない。

先日も一昨年に国家公務員の行政事務員として採用され、現職に就いている人にこの話題を向けると「えっ、本当ですか?」

学生に安定職種として人気の公務員の事務職が軒並み壊滅である。
じつはこの手の話は20年近く前にもあった。
小泉政権当時のキーワードは「小さな政府」であり、公務員を減らし民間移行を進めるというものだったが、職種事態は残るというものであった。
代表例が社会保険庁である。

しかし今回は全く違い、職業自体がなくなるということ。
この情報が、現在公務員試験を勉強中の学生の進路決定の判断材料になってほしいという思いである。


その構想を裏付ける仕組み
アクセス・・・・e-Gov
本人確認・・・・個人番号
確認・・・・・・人工知能


10~20年後に人工知能やロボット等で代替可能となる職業100種のうち今回のテーマに沿った職種を列挙した。

行政事務員(国)
行政事務員(県市町村)
学校事務員
郵便事務員

人工知能やロボット等による代替可能性が高い労働人口の割合(株式会社野村総合研究所)
f0361015_09545121.gif

[PR]
by arukutabibito | 2016-12-22 09:47 | 話題 | Comments(0)
伊達屋へと続く県道は除染渋滞中。
片側通行のため5分ほど待つ。
f0361015_14252734.jpg


何とか伊達屋の駐車場にたどり着くと、こんな張り紙が。
f0361015_14253664.jpg

[PR]
by arukutabibito | 2016-12-21 14:29 | 身近な自然図巻 | Comments(0)

嫌われる勇気

岸見 一郎著嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

確かに心が軽くなった。
特にまじめでやさしく八方美人になりがちな日本人にお勧めしたい。

f0361015_19323153.jpg



[PR]
by arukutabibito | 2016-12-19 19:32 | | Comments(0)
旅用の中間着としてナノ・パフ・ジャケットは、かつてのスウェーターであり、近年のシンチラでもある。
と思う。


山行では化繊インサーレートの最大の特徴である濡れても暖かいという特性を武器にすることも可能となり、平地の旅と山旅とのシナジーがコストパフォーマンスを期待させてくれる。

山ではR1、街ではシャツの上着として着用し、空港ラウンジや機内で、または列車内、あるいはレストラン等の商業施設で活躍できる余地はありそう。

f0361015_19331511.jpg



ちなみにモンベルはダウンだが
どちらが模倣したのかこの縫製パターン。

f0361015_19434166.jpg




[PR]
by arukutabibito | 2016-12-13 19:40 | 旅道具 | Comments(2)

Tashkent Railway Hotel

23時過ぎに入国し、翌朝8時発のAfrosiyobに乗車するために、ウズベキスタンの第一夜はステーションホテルを選択した。

f0361015_16392601.jpg


ブハラ行のAfrosiyob のタシケント発は8時00分。
SHARQが6時間30分ほどかけてブハラを目指すのに対し、今秋登場のAfrosiyobは3時間47分。

タシケント駅では、空港ラウンジに相当するVIPザルも使えるみたいなので、列車待ちの間に凍えることもなさそう。
VIPシングル $50 。

f0361015_16425340.jpg


[PR]
by arukutabibito | 2016-12-12 16:44 | ウズベキスタン | Comments(0)

そろそろソロストーブ

山のストーブは、灯油、ガソリン、ガスといずれにしても化石燃料を使用している。

普段はパタゴニアを颯爽と着こなしているが、このような山行を続けていると、じつは整合性の無い山旅をしているということがばれてしまうのだ。

今日1日、犬の散歩で見つけてきた小枝が一抱えにもなった。
こうなると燃料探しというよりも宝探しだ。
愛犬もおとなしく小枝拾いを黙認してくれている。

f0361015_20002012.jpg




[PR]
by arukutabibito | 2016-12-09 20:01 | 旅道具 | Comments(2)

迷走するタシケントの宿

12月3日にブキン・ダッ・カンで「申し訳ございませんが、この宿泊施設は現在、当サイトで予約を受け付けておりません。」なるコメントを発見し、悩んだ末にキャンセルしたグロリアホテルが7日に再掲されたので、3泊分の再予約を行った。

しかし、当面は様子みのためダブルブッキンを継続する。


f0361015_15483370.jpg

[PR]
by arukutabibito | 2016-12-08 15:48 | ウズベキスタン | Comments(0)
来年4月1日からウズベキスタンではビザが不要となる見込み。

ちょっと遅かった。


中央アジア・ウズベキスタンのメディアは6日、ウズベク政府が来年4月1日から日本を含むアジアや欧州など15カ国を対象に、30日以内の観光目的滞在の場合、査証(ビザ)を免除すると決めたと報じた。

 米国や中国など12カ国については、55歳以上に限って30日以内の観光目的の訪問であればビザを不要とする。

 ウズベクにはシルクロードの要衝として栄えたオアシス都市サマルカンドなど世界遺産に登録された観光地があり、日本からも訪れる人が増えている。(共同)


本日のランチ
高校生との会食だったのでクリスマスバージョンのデザート。
f0361015_16541544.jpg

[PR]
by arukutabibito | 2016-12-07 16:54 | ウズベキスタン | Comments(0)
「申し訳ございませんが、この宿泊施設は現在、当サイトで予約を受け付けておりません。」

タシケントでの初日と、ラスト3ナイツを予約しておいたグロリアホテル。

カスタマーサービスに緊急連絡し、その理由の把握を依頼する。
「24時間対応のレセプションにに電話をしたがつながらないので、メールを入れておきました。」
「チェキン時にクローズドゥなどという事態はあり得ませんのでご安心してください。」
「回答があり次第メールを差し上げます。」

賢明な吾輩は、いくつかのサイトを一発検索できるサイトでこのホテルを検索してみる。
すると各社取り扱いをしていないマーク。



吾輩の行動は

数日間は様子みのために、当該日々を他のホテルとダブルブッキン。
幸いにもウズは冬季がオフシーズンのため、4星の空きがいくつかのホテルにあり助かった。

[PR]
by arukutabibito | 2016-12-02 16:41 | ウズベキスタン | Comments(0)

厚労省が推奨する昼寝は本当に労働者にとって必要か・・・・まー望ましいサムニダ


by 有閑男爵