成田17時30分・・・・・22時30分バンコク1時25分・・・・・・6時50分ストックホルム
f0361015_19325245.jpg


成田からバンコクまで7時間
f0361015_19540476.jpg

乗り継ぎ1時間55分
f0361015_19594971.jpg

バンコクからストックホルムまで11時間25分
f0361015_19435655.jpg


ノールランストーグNorrlandstågでノルウェー北部のナルヴィックNarvik間の約1600kmを寝台車で移動。
あこがれのオオロラー。
f0361015_19372452.jpg

[PR]
# by arukutabibito | 2017-05-14 19:39 | 北極圏 | Comments(0)
年末の旅は、オマーンも良いが数年ぶりのタイも良いかもと。
そこで気になりだしてきたのがパックである。

今回はリモワトパーズ32l系ではない旅にしたい。
TG利用でもNH利用でもいずれにしてもアラカンなのでCクラスのなだが、これらのキャリアはCでもYでもキャビンバゲジは1個と世知辛い。
ちなみにコーリヤ系の2社は2つなのだ。

f0361015_19540476.jpg


バックパッカーは卒業したはずだが今回は身軽に生きたい。
いや行きたいので、キャビンバゲジをグレゴリーのデイアンドハーフパックにしようかなと目下思案中である。

f0361015_19483770.jpg


TGのA380にはバーコーナーがあるようなので、そこはよばれてみよう。
f0361015_19551880.jpg


[PR]
# by arukutabibito | 2017-05-01 19:51 | バックパッカー | Comments(0)

久しぶりですDomestic flight

雨上がりの鹿児島空港

f0361015_19253654.jpg


この10年で乗ったプロペラ機は・・・・・えーと。
エアラーオでパクセーからルアンパパンーン。
ミャンマーのドメスティックさえもB737だったしなー。
訪問した20数か国を思い出しても、やっぱり記憶にありませんな。
f0361015_19255365.jpg


こちら機長。
有視界飛行なので雲が厚い日は引き返すこともあるがあしからず。
f0361015_19260368.jpg


無事えらぶに到着することができたが、復路はだいじょうぶなんだべか。
一抹の不安を抱えながらの島旅となるのだった。
f0361015_19261161.jpg




[PR]
# by arukutabibito | 2017-04-30 19:31 | 沖永良部 | Comments(0)
郷土料理「旬香」の「大将」のセールスプロモーションは、癖のない黒糖焼酎から徐々に飲み進めてみませんか。

まずは豚足の黒糖煮から
f0361015_19423894.jpg


ファーストトライ
f0361015_19424651.jpg


よくわからないが匂いが薄い
f0361015_19430519.jpg


徐々にサトウキビ臭くなるかも
f0361015_19431775.jpg


舌直しは「大将」の手作りコロッケ
f0361015_19435232.jpg


屋久島の三岳を逆指名
「これを行きますか。高いですよー。」
f0361015_19434209.jpg

[PR]
# by arukutabibito | 2017-04-29 19:28 | 沖永良部 | Comments(0)

えらぶの朝食と昼食

国民宿舎フローラルホテルの朝食
名物の鶏飯はダシにノウハウがあるようだ。
f0361015_16303220.jpg


とある日の朝食は納豆。
このお納豆は、宮古島でもお目にかかったが白色の美人大豆ちゃん。
味は納豆臭がほとんどなくまずい。
f0361015_16304764.jpg


ホテルのランチは強風雨で停滞中にこそそのありがたみを享受できる。
沖縄そば
f0361015_16304158.jpg


その寄宿舎。
いや宿舎。
f0361015_19422823.jpg


[PR]
# by arukutabibito | 2017-04-27 16:35 | 沖永良部 | Comments(0)

厚労省が推奨する昼寝は本当に労働者にとって必要か・・・・まー望ましいサムニダ


by 有閑男爵