ホテルのオーナーに車で連れて行ってもらった郊外にある市民向けのプロフレストラン。
f0361015_16453480.jpg


ブハラのプロフはニンジンシャリシャリが乗っていることで有名。
f0361015_16474116.jpg


西日がやがて斜光となり始めるころにブハラは活気を取り戻す。
f0361015_16303341.jpg


ウズは、日本同様現金主義の国なので、ある程度の金を常に持ち歩かなければならない。
闇両替で、全部5,000スム紙幣に交換できる点と、レートが1ドル6,000スムであることを確認して50ドルほど両替。
f0361015_16294768.jpg


2夜ともお世話になったレストランラビハウス。
f0361015_16404905.jpg


防寒用のビニルで囲われたテラスからはラビハウスが見渡せる。
f0361015_16282971.jpg


ブハラの地ビール。
キレがあり、我々邦人の口にもよく合う。
f0361015_16275492.jpg


アッチク・チュチュク
f0361015_16281799.jpg


出てきてからその量の多さに驚いたチキンとラム。
f0361015_16284081.jpg


夕やみ迫るラビハウス。
f0361015_16314756.jpg


まるで映画のセットのような通路。
f0361015_16321738.jpg


メドレセの夜の顔。
f0361015_16330100.jpg


カウントダウン2夜前。
f0361015_16285437.jpg


12月の花嫁。
f0361015_16320330.jpg


ナンが主食となるホテルの朝食。
f0361015_16333477.jpg


ランチにはヌードルが食べたくなり、ラグマンを。
トマトベースのうどんといった趣。
f0361015_16334458.jpg


ラビハウスの2夜目は肉野菜。
奥に見える2人の紳士は2夜連続で同じ席に着席し、ウオッカを茶で流し込んでいた。
f0361015_16373008.jpg


続いてショルバ。
ショルバはチュニジアでも堪能したが、ここウズでも名物スープである。
f0361015_16341387.jpg


キミはプーチンに似ているね。ブハラのプーチンだ。と言うと。

「ルシアンプレジデント?」

ヤー。

「オオーセンキュー!」と、握手を求めてきた。
f0361015_16310595.jpg


大みそかのレストランは軒並みクローズなので、ランチはファストフードレストランでハンバーガー。
f0361015_16362303.jpg


ホテルをチェックアウトするころは、着々と年越しパーティーの準備が進んでいた。
f0361015_16361374.jpg


「今夜はフードもドリンクスもオールフリー。もう1泊していけばよいのに。」と、オーナーに何度も言われたが、列車の予約やタシケントのホテルの予約があるので後ろ髪をひかれながらもホテルを後にすることにした。
f0361015_16363708.jpg






[PR]
# by arukutabibito | 2017-01-15 16:52 | ウズベキスタン | Comments(4)
地球の歩き方2015~16のモデルと遭遇。

f0361015_13184227.jpg


カヴサー ブティック ホテル(Kavsar Boutique Hotel)の主。
友好的で親切で働き者のお婿様。

f0361015_13112272.jpg


カヴサー ブティック ホテルのエントランス。
f0361015_11463923.jpg


青空に映える青いひと

f0361015_13125245.jpg


ウズでは防虫効果を狙って木の根元を白く塗る。

f0361015_13113624.jpg


朝日の当たる家
f0361015_13120083.jpg


メドレセの朝の表情。
f0361015_13130270.jpg


タブーって日本人の誰かさんにも似ている感じ。
f0361015_11452493.jpg


メドレセ内にある工房をのぞいてみる。
f0361015_11455848.jpg


「マイブラザー」製の土産は5ドルほど。
f0361015_11461345.jpg


エスパニックな建物と石畳からカンポデクリプターナ/スペインにいるような感覚にとらわれる。
f0361015_13131431.jpg


道に迷って古い住宅地を彷徨う。
f0361015_13132464.jpg


大好きな路地裏探検
f0361015_11504308.jpg


チュニジアのカイロワーンに似ている。
f0361015_11491007.jpg


でもここにはアザ-ンの響きはない。
f0361015_11471100.jpg


継ぎ足し電柱
f0361015_11493953.jpg


豊富な天然ガス資源を各家庭に配給するためのパイプ。
f0361015_11495509.jpg


そのパイプは中空に張巡らせられている。
f0361015_11500603.jpg


ひっそりとした家の中を覗き込む。
f0361015_11474947.jpg



白い息を吐きながら元気にラダは行く。
f0361015_13143866.jpg


商店街でも新年を祝う準備が進む。
f0361015_13145399.jpg


家具屋のラダは働き者。
f0361015_13151745.jpg


開店準備中の店構え
f0361015_13160224.jpg


世界中の横断歩道の標識に興味がある。
f0361015_13190117.jpg


イスラミック、ファンタジック!
f0361015_13165276.jpg


コンニチハと声をかけてくる店には興味がないのよ。
f0361015_13161784.jpg


ミャンマーのような光景。
f0361015_13191862.jpg


雪囲い
f0361015_13173694.jpg


カラーン・ミナレットとは歩き方によると、「大きい光塔」だそう。
f0361015_13171710.jpg


ウズではポピュラーな継ぎ足し電柱。
f0361015_13202263.jpg


体臭がラム臭くなったらウズ人の仲間入りだ。
f0361015_13203734.jpg

[PR]
# by arukutabibito | 2017-01-14 11:33 | ウズベキスタン | Comments(0)
ラビハウスを起点にして北の方角を彷徨う。

f0361015_15352567.jpg


ソ連の名車ラダはキューバのハバナほどではないが、ここウズでも散見される。

f0361015_15355410.jpg


自転車は珍しい。

f0361015_16412370.jpg


タキは住民の通路としても機能している。

f0361015_15374081.jpg


タキは商店としても活用されている。

f0361015_15382656.jpg


ランドマーク的なカラーン・ミナレット。

f0361015_15485792.jpg


迷って、古い住宅地に踏み入ってしまう。

f0361015_15390113.jpg


露店

f0361015_15392915.jpg


大みそかに着飾る市民たち。

f0361015_15395296.jpg


朝から発生した濃霧は消える兆しがない。

f0361015_15401744.jpg


住民の熱源は天然ガスである。

f0361015_15403076.jpg


子猫

f0361015_16582598.jpg


まもなく年越し。

f0361015_15412792.jpg


多くの若者たちが向かう方向へ一緒に行ってみると、遊園地にたどり着いた。

f0361015_15423116.jpg


大みそかの遊園地は若者と家族連れでにぎわっていた。

f0361015_15425468.jpg


ウズにも綿あめがあった。

f0361015_15475485.jpg


威圧的なパンダのイラストから対中関係を窺い知れるとするのは考えすぎだろう。

f0361015_15431495.jpg


中央アジア最古のイスラム建築とされるイスマイール・サーマーニ廟(建築は900年前後)を右手に見ながら、巨大なバザールを目指す。

f0361015_16173066.jpg


イスマイール・サーマーニ廟を南側から望む。

f0361015_16383230.jpg


年越しはケーキで祝う。
f0361015_15433444.jpg


払い下げの軍用トラックで野菜を搬入した農家の人。

f0361015_15435148.jpg


学校が休みなので親の手伝いをする関心な娘。

f0361015_15441383.jpg


吾輩は、バザール好きで機会があれば各地のバザールは必ず見学をすることにしているが、これだけの規模のバザールはなかなか無い。

f0361015_16485790.jpg


雑多な商品に市民の生活を覗き込んだ気がした。

f0361015_16372684.jpg


箒売りの老女。

f0361015_15444411.jpg


彼らはきっと、コルホーズを体験してきた人たちだろう。

f0361015_15462907.jpg


ウズの衣装はアイヌの民族衣装にも似ているような気がする。

f0361015_15455107.jpg


それにしてもでかいコルホーズバザールだった。

f0361015_15464910.jpg


うち廃れた古城

f0361015_15471349.jpg





[PR]
# by arukutabibito | 2017-01-11 16:18 | ウズベキスタン | Comments(2)
2016年秋にサマルカンド~ブハラの全線電化が完了したため、所要時間が4時間弱でHigh-speed train Afrosiyob号をタシケント~ブハラ間で利用できるようになった。
なお同区間は、現在でもSharq Trainは6時間弱、ナイトトレインが9時間で結んでいる。

英訳付きの乗車券には感動した。

f0361015_15474400.jpg


料金はビジネスクラス$50、エコノミー$35とあまり変わらないので、往路と復路ともにビジネスクラスを利用した。

スリッパはアシアナのビジネスクラスで支給されたものを持参。
前席左下に見える金属製の筒状のモノはくず入れである。
f0361015_15441524.jpg


前席のウズ系の女の子を撮るスペイン系の女性。

f0361015_15443562.jpg


デッキから担当客室を常に気に掛ける往路のCAさんは働き者だったが。

f0361015_15444535.jpg


無料のイヤーフォンが支給されるが、コードが短すぎて使い物にならない。
復路のCAはコイル状のアダプターを持参していた。

f0361015_15534605.jpg


ビジネスクラスの乗客にはドーナツと飲み物、良い匂いがする手拭が配られる。

f0361015_15445549.jpg


朝食がまだだったので美味しくいただいた。

f0361015_15450976.jpg


ロシア語だろうか。

f0361015_15455038.jpg


ロシア正教のサンタぽいかな。

f0361015_15453076.jpg


プレミアムカップ。

f0361015_15460444.jpg


CAさんは、乗り降りの際は正装して客を迎える。
ブハラ駅

f0361015_15461865.jpg


色使いが正にウズベキスタン。
スペインのタルゴも流線型の車両を造れるようになったんだねと、感慨深く先頭車を眺める。

f0361015_15465510.jpg


タルゴ社製特急列車(1989年マドリード駅)。

f0361015_16172084.jpg


復路

ブハラ駅待合室

f0361015_15481784.jpg


Afrosiyob号のビジネスクラス乗車の様子。

f0361015_15502885.jpg


シートはソロシート。

f0361015_15504499.jpg


車内案内。

f0361015_15511761.jpg


モニターには誇らしくAfrosiyob号が登場。

f0361015_15513997.jpg


帽子をかぶらない個性的なCAさん。

f0361015_15521076.jpg


ビジネスクラス車内

f0361015_15531961.jpg


ブハラ駅

f0361015_15533470.jpg


最新の車両は「ウズの青空色」に統一されている。

f0361015_15540959.jpg


グリーンの車両はソ連時代のもの。

f0361015_15570872.jpg


ブハラ駅場内進行。

f0361015_16244399.jpg


徐々に家並みが減ってくるころには軽く200Km超えだが、在来線を電化しただけの「新幹線」なので、時折下から突き上げる強い衝撃があったりする。

f0361015_15562959.jpg


土漠を行く。

f0361015_15565551.jpg


ナンやワイン、ビールの販売。
ちなみにロシア製ビールは25,000スム(闇両替で$1=6,000スムとすれば$4強であり、市井の物価の8倍強である。)

f0361015_15572281.jpg


帽子をかぶりたがらない彼女はビジネスクラスで休憩中。
ビジネスクラスでCAが休憩するのはカナダの特急でも目撃したが、彼女はやってくれた。
終点タシケント駅構内を進行中に、突然茶を入れたカップを持ってきて、「フリー」と言いながら乗客にすすめようとするが当然誰も受け取らない。

f0361015_15575220.jpg


大みそかの夕日

f0361015_15573943.jpg


We will soon arrive at サマルカンドstation .

f0361015_15580562.jpg









[PR]
# by arukutabibito | 2017-01-10 16:31 | ウズベキスタン | Comments(2)
タシケント駅の保安検査を受けて、まっすぐ進めばホームだが、右のドアから中庭を経てタシケントステーションホテルを目指す。

チェックイン後、ビールを飲みたいと申し出ると、そんなの置いていないとのこと。
しょうがないので一旦駅の外に出て、タクシーで深夜に空いている酒屋を探す。
その店のお勧めのビール「ロシア製なのでハイクオリティー」を2本買っていそいそとホテルに戻る。

通路はきれいで豪華だが。
f0361015_10323453.jpg


冷えき切った室内は、居間に古びたエアコンが1基あるだけ。
f0361015_10314832.jpg


寒々とした浴室。
お湯は出ないのでどうせ不要だが、バスタブの水栓は無し。
真冬に冷水シャワーなんてまっぴらごめんである。

f0361015_10320575.jpg


ベッドメイキングはセルフサービス。
寝具はなんだか汚い。
寒いので、セーターを着込んで寝る。
ベッドわきのサイドテーブルの上にある電気スタンドは2つとも電球が無い。

f0361015_10315705.jpg


翌朝、8時発のAfrosiyob Trainでブハラを目指す。
ホテルの隣にある駅のラウンジまで案内してくれたレセプショニストたち。
Tashkent Railway Hotel は、深夜入国、翌朝Afrosiyob Trainという場合のみかろうじてお勧めできるホテルだ。

f0361015_10324554.jpg


だだっ広さが取り柄のソ連時代のタシケント駅ラウンジである。

f0361015_10330681.jpg


この女性はタシケント駅ラウンジのレセプショニスト。

f0361015_10325450.jpg


タシケント駅ラウンジでは、無料でコーヒーとミネラルのペットボトルがもらえる。

f0361015_10331768.jpg




[PR]
# by arukutabibito | 2017-01-09 10:46 | ウズベキスタン | Comments(2)

厚労省が推奨する昼寝は本当に労働者にとって必要か・・・・まー望ましいサムニダ


by 有閑男爵