えらぶの朝食と昼食

国民宿舎フローラルホテルの朝食
名物の鶏飯はダシにノウハウがあるようだ。
f0361015_16303220.jpg


とある日の朝食は納豆。
このお納豆は、宮古島でもお目にかかったが白色の美人大豆ちゃん。
味は納豆臭がほとんどなくまずい。
f0361015_16304764.jpg


ホテルのランチは強風雨で停滞中にこそそのありがたみを享受できる。
沖縄そば
f0361015_16304158.jpg


その寄宿舎。
いや宿舎。
f0361015_19422823.jpg


[PR]
# by arukutabibito | 2017-04-27 16:35 | 沖永良部 | Comments(0)

えらぶの風景

晴れると
f0361015_09143764.jpg


雨ると
f0361015_09144762.jpg


[PR]
# by arukutabibito | 2017-04-26 09:15 | 沖永良部 | Comments(0)
知名町の公民館前に生えるマングローブには4月初旬の西日が差していた。

f0361015_19511887.jpg




[PR]
# by arukutabibito | 2017-04-25 19:51 | 沖永良部 | Comments(0)
イスラム圏の国々の中で、インドネシアやチュニジア、ウズベキスタンなどアルコホールに寛容な国を旅する場合は不自由はないが、オマーンなど厳格な国を旅する場合はのんべーにとっても試練の時か。


いやいや、捨てる神あれば拾う神あり。

好みのアルコホールを500miのペットボトルに移し替えて、なおかつ多少余裕のある量、つまり適量となるようにすれば、衝撃にも強く気圧の変化にも耐えられると思う。
意地汚く満タンにしてはいけないのである。

なお、緩衝材で包むことはやはり不可欠で、さらにビニール袋でくるむことも必要だろう。
[PR]
# by arukutabibito | 2017-04-21 17:38 | オマーン | Comments(0)
気の早い吾輩はもう年越しの準備だ。
TGのCクラスで行くSLLも面白そうだな。

17時半に成田を離陸するA380は巨漢ゆえに年末行事としては初めての高度なリラックスを提供してくれることになろう。

翌日14時10分にBKKを飛びたつA330はフルフラットにはならないが、OZのB767よりはましなはず。

などとここまで我が国の商業新聞のような書きぶりで恐縮。


現地入りしたらドメスティックでこの国の最後の秘境と言われているサラーラを目指す。


問題はアルコホールをうまく入手できるかどうかだ。

[PR]
# by arukutabibito | 2017-04-20 19:59 | オマーン | Comments(0)

厚労省が推奨する昼寝は本当に労働者にとって必要か・・・・まー望ましいサムニダ


by 有閑男爵